海外での学生生活を守る

パスポート

安心して勉強するために

大きな夢を持って海外へと留学する若者は応援したくなりますね。一方で海外では日本で生活していると考えられないようなリスクも存在する事を忘れてはいけません。まず考えられるのが留学先での病気やケガです。慣れない土地での生活では体調も崩しがちになります。気を付けているつもりでも病気になってしまったり何かの拍子にケガをしてしまったりは当然起こる事です。そんな時、日本なら国の健康保険で安く治療出来ますが、海外ではそのような保険は適用されません。全てが自己負担が基本で、治療費がびっくりするほど高額になります。そんな時にたよりになるのが、留学保険です。留学保険に入っていれば病気やケガの時の通院・入院費用も補償されます。海外で入院してしまった時にご家族が駆けつけるのも大変な出費です。その渡航費用も留学保険で賄うことが出来ます。留学保険には盗難を補償するオプションもあります。海外では犯罪にある確率は日本よりもずっと高いです。盗難にあっても品物が戻って来る可能性は低いです。ですから留学保険で被害をカバーする意味があるのです。逆にその地域の設備の使い方が分からずに誤って壊してしまうような場合も考えられます。こんな時に損害賠償をするのにも留学保険は利用出来ます。留学するお子さんだけでなく保護者の方のもしもにも留学保険なら対応出来ます。留学の費用を払っている扶養者が亡くなった場合に保険金が出て今後も留学が続けられるようにする設定も留学保険には付けられます。これらのどれも留学のリスクを考えると外せない内容です。留学の際には留学保険に忘れずに加入しましょう。