自転車を運転する際の保険

自転車

保険の必要性

乗り物に乗る際の保険と言えば自動車保険が一般的ですが、最近では自転車に乗る際にも保険を掛けることが多くなっています。実際、中学生や高校生は毎日のように自転車に乗って通学していますし、都心部では大人も自動車より自転車に乗る機会が増えてきていますので、万が一に備えることは必要です。自転車事故と言っても高齢の歩行者とぶつかってしまった場合には、死に至るケースもありますので、損害賠償も1億円近くなる可能性もあります。万が一に備えて自転車保険に加入しておけば、事故を起こしても安心ですし、被害者との間に立って示談交渉などをしてもらえるプランもあります。年間5000円程度の掛け金の自転車保険が一般的ですので、家計にも大きな負担にならないところが人気の理由です。相手に被害を与えた場合はもちろんのこと、自損事故の場合でも対象になることがありますので、日常的に自転車を運転する場合には、自転車保険は必須の保険と言えます。自転車保険の中には個人賠償責任に関する保険も含まれているものがあり、これに加入しておけば自転車運転中だけでなく日常における損害についても補償対象になりますので頼りになります。日常的に様々な原因で第三者に危害を加えてしまう可能性がありますので、特に無保険状態の未成年の場合には有効です。自転車保険にはいろいろなプランがありますので、保険の加入状況や自転車の使用頻度などにより、自分に合った適切なプランを選ぶことが重要です。