女性

海外旅行を満喫するには

海外旅行が手軽となってきた現代では旅行への備えとして、海外旅行保険に加入することが必要です。会社によって費用が異なりますが、格安の海外旅行保険であっても、補償内容が乏しいこともありますので、必ず比較して検討することが必要です。
男女

保険料を節約

現在加入している保険の内容を把握していない、どんなときに適用されるのかもわからない方はファイナンシャルプランナーに相談をすることで保障内容を見直ししてもらうことができます。保障が足りていない部分は厚くし不要なものは省くことで保険料を節約できます。

自転車

自転車を運転する際の保険

自転車による事故は少なくありませんので、日常的に自転車を運転する人は自転車保険に加入することが大切です。自転車事故でも場合によっては死に至るケースもあるので、十分な保険をかけておく必要があります。他の保険の加入状況や自転車の使用頻度などに応じて適切なプランを選ぶことが重要です。

家

欠陥住宅への対応

住宅建築では住宅の瑕疵が後で見つかった場合の対応が問題になることがあります。現在では、法律によって保険か供託が義務付けられていますので、万が一の場合でも安心です。さらに、保険会社に対して住宅瑕疵の相談をすることもできます。

パスポート

海外での学生生活を守る

海外留学は若い人の夢ですが、海外には日本では考えられないような様々なリスクも存在します。これらのリスクに対応するのが留学保険です。海外での病気やケガ、盗難被害の補償から賠償補償、さらには留学中に扶養者が亡くなった場合の保険まで留学保険でカバー出来ます。

税務上の損金になります

女性

解約返戻金があります

法人が節税対策として法人を契約者、役員等を被保険者とする生命保険の契約をする事例が多数あります。保険金や解約返戻金の受取は法人になります。保険料を税務上の損金すなわち経費として処理できる定期保険商品が節税対策に活用されますが、経費になるのは保険料の一部の金額である商品と全額である商品があります。節税対策として活用される商品に共通する特徴は、解約した際の解約返戻金の金額が大きいことです。商品の中には、被保険者の年齢と性別によっては、解約した際に解約返戻金の金額が支払った保険料を上回るものもあります。解約返戻金は、その一部の金額あるいは全額が法人の税務上の益金になって法人税の課税対象になりますので、解約するタイミングは決算期中に益金に見合う経費の支出が見込める時にすることに注意したいものです。近年は節税対策に活用できる新商品が続々と開発されていますので、選択肢が広がっています。様々な保険会社の商品を取り扱っている総合的な大手の代理店に商品の比較説明をしてもらい、最適な商品を選択することが重要です。契約の目的は節税対策であっても、保障内容も商品によって大きく異なりますので、その点も含めて十分に比較検討した上で契約したいものです。また、被保険者の健康状態への対応も商品によって異なります。簡単な健康告知だけで加入できたり、病歴があってもその内容によっては加入できたりする商品と、健康診断を受けなくてはならない商品や病歴があると加入が難しい商品があります。